読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さいどうにっき

趣味や日常などを不定期で書いていきます

i WaS NEvEr ALoNE oN thE eVEnTfLoor

今回の元ネタ

kenta-v.ez.氏の "you ArE NEvEr ALoNE oN thE dANcEfLoor"

はじめに

艦これのイベントが大詰めだから急いで書きます。 ゆるして

大会とかイベントに行くと誰かがいる

j社でのインターンや第1回オフ会の直後あたりから顕著なんだけど、 何かしらの大会やらイベントやらに行くと、基本的に違う学校の知ってる同級生がいた。

例えばプロコンだとオフ会をやったnotfoundsとかいるやん、j社のインターン仲間、その他にも何人かいた。 ICPCではIruyangairuyanと再開したり、reewと(リアルでは)初めて会う。 その後のCODE FESTIVALでは13s'メンバーこそいなかったものの、 reewと再会、Iruyangairuyanのもう1人のメンバーであるスペードとも仲良くなった。 来週末は高専逆求人に行くが、レモンとはむしたーも来るらしい。やったぜ。

人と会ったことによる恩恵

色んな人達と会っているおかげか、一部は顔とTwitterアイコンが一致してきた。 特にいるやんとかうにとか。

とはいえ知ってる人がいることの一番の恩恵はそこじゃなくて、

ぼっちじゃなくなる

これに尽きる。

Twitterは知ってても会ったことない人に話しかけるとか無理無理。 相手が凄い人とかなら尚更無理。 特に競技界隈なんか凄い人達で既にコミュニティが出来上がってる中に単身突撃するハメになったりするので、 疎外感が半端ない。 CODE FESTIVALではreewとスペードがいなかったらどうなっていたことやら…

大会ぼっち・イベントぼっちを防ぐために

共同生活を送る Let's オフ会

オフ会しようオフ会。 どうせ面識あるやつなんぞ同じ学校の連中くらいだし、仲良くなるいい機会。 特に高専生なんて闇の話をすればちょちょいのちょいである。

どうせこれからみんな就活やらなんやらで色んなとこ行くだろうし、 オフ会にはもってこいの機会だ。

さっさと第2回オフ会をやろう(参加できるとは言ってない)