読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さいどうにっき

趣味や日常などを不定期で書いていきます

かつての相棒ジュカインについて

この記事は、Pokemon Advent Calendarの4日目の記事として書かれたものです。

僕がキモリを選んだのは、パッケージと色が同じだったからです。

名前は「リーフ」だったと記憶しています。

 

僕がプレイしたエメラルドで、どんなことがあったかはよく覚えていません。

断片的に「そういえばこんなこともあったかな」という程度です。

そんな中で、一番覚えているのがリーフのことです。

カナズミジムでゴリ押ししたこと、キンセツジムで電気半減を知ったこと、ルネジムでは予想外の氷タイプ技にやられかけたこと、そしてライバルやミツル君との戦いなどなど、彼の話はネタが尽きません。

パーティの構成がいくら変わっても、ジュカインは常に入れていました(なぜか煙突山や浅瀬の洞穴でも)。一番長く旅をしていて愛着もあり、外すのを考えもしなかった覚えがあります。

 

レベルも手持ちで最も高く、沈んだこともほとんどありませんでした。

チャンピオン挑戦までは。

チャンピオン挑戦までは。

僕の遊んだエメラルドはチャンピオンがダイゴさんではなく、ルビー・サファイアでルネジムのリーダーだったミクリさんです。

彼の手持ちは水ポケモンで固められていて、ジュカインを積極的に出していたのを覚えています。そして彼の切り札と思しきミロカロスが出てきました。

「リーフの方が早いしリーフブレードで倒せる」

と予想し、先制することができたものの、残念ながら一撃で沈めることはできませんでした。こいつ防御力高いな、などと考えていると、繰り出されたのはあの技です。

れ  い  と  う  ビ  ー  ム

ワンパンです本当にありがとうございました

 

その後もミロカロスに苦しめられましたが、執拗にリーフにこだわり、手持ちにいたライボルトを出すことはありませんでした。

そして、げんきのかけらを使用し、何度もリーフを復活させることで削りダメージのごとくミロカロスを倒すことに成功しました。

ぶっちゃけた話、初の殿堂入りよりこちらのほうが嬉しかったです。

 

その後も彼とは旅を続け、ジムリーダーやミツル君と再戦したり、バトルフロンティアに挑んだりしました。バトルパレスで思うように動いてくれず、「リーフは本当になついているのか?」などと思ったのも懐かしい話です。

その後12年が経過し、オメガルビーアルファサファイアが発売されましたが、僕はもう1回エメラルドをやりたいです。

このまま懐かしい思い出にするのも良いのですが、残念ながら僕はあの日々をほぼ忘れてしまいました。追体験をして、リーフとの旅を思い出し、忘れないようにしたいです。